--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.11.20

贅沢リッツ

今回は、夫の得意技をご紹介します♪

ちょっとしたパーティーに、
お酒のお供に、
「贅沢リッツ」はいかがでしょうか。

<作り方>
1.リッツなど、クラッカー類を用意して
2.生クリームを乗せて
3.缶詰パインを乗せて
  
できあがり!

甘いパインに、リッツの塩加減がほど良くマッチして絶妙です♪

リッツのパイナップルのせ

↑写真では、カマンベールチーズを乗せたクラッカーが
  周りを囲んでおります。

夫が小さい頃、よくお母さんが誕生日会などで作ってくれたとのこと。
通りで味は保証付きなワケですね♪



スポンサーサイト

Posted at 20:50 | 食事 | COM(2) | TB(0) |
2008.11.09

シフォンケーキ

先日、近所のお友達とバナナ・シフォンケーキ作りに挑戦しました♪

「シフォンケーキ」は、その名の通り食感が薄い絹織物(chiffon)のように軽いことから
名づけられた、アメリカカリフォルニア生まれのケーキです。

初めて食べたときから、
ほのかに甘くて、やわらかい食感がなんともロマンチック。
赤ちゃんのほっぺを思わせる、この幸せな味を
いつか自分でも作ってみたいと思っていました。

そうして今回作ることになったので
鼻歌交じりにレシピを色々調べていたら、
シフォンケーキに纏わるエピソードが出てきて
これがなんともアメリカらしい?ビジネスの話。
一気に現実へ引き戻されましたが、
これまた味わい深い男性保険外交員のサクセスストーリーいちごケーキキラキラがありました。

その歴史は1927年のアメリカに始まります。
生みの親は、カリフォルニア州のハリー・ベーカー(Harry Baker)氏。
彼は、保険外交員として働く傍ら、ロサンゼルスのブラウン・ダービー・レストラン
(Brown Derby restaurant)へパンを卸していました。
彼は自宅の空き部屋を秘密の厨房にして、日に40台以上のケーキを焼きました。
そのふわふわしたケーキの噂が広まるに連れ、たびたびレシピを尋ねられるように
なりましたが、20年もの間、決して明かさずにいたそうです。

その間、アメリカのエンタテインメント業界を代表するMGMや RKOのスタジオのほか、
バーバラ・スタンウィック( Barbara Stanwyck )、 メイ・ロブソン( May Robson )、
そして エレナ・ルーズベルト( Eleanor Roosevelt )といったセレブ達にも届けていた
とのこと。その希少性から、高級菓子という位置づけだったのでしょうか。

その後、1947年に秘密のレシピはゼネラルミルズ社に売却され、ここで初めて
当時ケーキ作りの常識だったバターやベーキングパウダーを使わず、
泡立てた卵白(メレンゲ)と植物油を用いていたことが明かされました。
『Better Homes and Garden Magazine』誌の1948年5月号で紹介され、
1940~50年代には国中で一大センセーションを巻き起こしたと言われています。


            バナナシフォン


秋の午後、おしゃべりに花を咲かせながらも
色々と思い巡らす至福のひと時でした♪




Posted at 23:43 | 食事 | COM(0) | TB(0) |
2008.09.23

おいしーヘルシー♪ おからチヂミ

先日、ケンブリッジにあるアジアンスーパー「リライアブル・マーケット」で、
おからをタダで分けてもらえると聞き、さっそくいってきました♪

お肉コーナーへいってみると、店員のおじさんが「ほいよっ」と
満面の笑顔でほんとにおからをくれました。

まずは一袋・・・とおもったのですが、他の買い物もあったので
レジに並んでいると、夫がおからを手に、こっちへ来るではありませんか。

「余りにもおじさんが笑顔で差し出すもんだから・・・」

・・・え?

こんなに、「おから」 どうするの?kao05

「おから」って、からだに良いとは思うけど、炒り煮くらいしか知らないし・・・


・・・と思っていたら、あったんです!
おからレシピキラキラってゆーか、おからサイトキラキラ

そこで、まずは「おからハンバーグ」をつくりました。
「ハンバーグ」と思って食べると、正直別物のような食感ですが、
シソを乗せて、大根おろしとしょう油で食べたら
とってもおいしかったです。


そして、おからシリーズ第2弾がこちらクラッカー
「おからチヂミ」です♪

20080923 おからチヂミ♪

これが、また おーいちーーの モチモチーーーのふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

ヘルシーなうえ、本来のチヂミに負けるとも劣らない
食感と香り!

作るのもとっても簡単だし、ちょっとパンチの効いた一品が欲しいときや
お酒のおつまみにもピッタリグーおすすめです。
ウチでは、ニラがなかったのでネギで食べました。
「ネギ焼きのいとこ」のようですが、何しろおいしい♪

理屈は抜きに、まずはぜひお試しあれBrilliant

星おからチヂミレシピはこちら




Posted at 19:40 | 食事 | COM(3) | TB(0) |
2008.09.14

うめがうめぇ~

アジア系スーパーで、薄切り豚肉を購入。

肉じゃが用にちょっと欲しかっただけですが・・・
一番小さいパックでも500gはあるボリューム。

そこで、とんかつにしては薄いので
「梅しそチーズ はさみとんかつ」
作ってみました♪

200090914 はさみとんかつ #3

種作成: わたし
揚げ担当: 夫

さっぱりしていて、おいしかった~♪

残った分で明日はカツ丼にしてみます。
タレに大根おろしでも和えたら
合うかしら・・・。


そして、こちらが本日、陰の目玉作品。
「ミス 味噌だれキラキラ

ミス みそだれ

焼きおにぎりに付けたりぃ~
サラダにかけたりぃ~

想像しただけで、お腹が鳴りそうな代物です。

今後の活躍に期待!ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート



Posted at 20:24 | 食事 | COM(4) | TB(0) |
2008.09.07

初鍋♪

先日行ったウィルソン ファーム食材を使って、ちょっと早めの初鍋を食べました♪

名付けて「日米友好ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート ターキー団子鍋」です。
(白く見えますのは、ワンタンではなく白菜です)

東京ドームに招待された、メジャーリーグ選手さながらの
鍋の中のターキー団子の存在感!!

ジューシーなおいしさは、まさに「メジャー級!」

ウィルソン ファーム食材で#3

横にそっと より沿いますのは、
「ジャンボ茄子の肉みそ和え」です。

ジャンボ茄子の生態については、
(なぜ中の種部分が黒いのか・・・)
ベールに包み隠さた部分は多々ありますが、
理屈より、味で勝負!

おいしくいただきました♪♪

ウィルソン ファーム食材で #2

勢い余って、ワインを開封♪

日本から送ってもらった お笑いDVDを見て
お腹をよじらせて笑う 幸せな夕食でした^^



Posted at 19:37 | 食事 | COM(3) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。