--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.02.27

フランス映画

先日、友人に誘われて、
ついにフランス映画に手を出してしまいました。

なぜフランス映画を「ついに」と言ってしまうのか。
その心境は・・
・英語もままならないのに、フランス語。の、英語字幕。
・単純明快なアメリカ映画に身体の芯から慣れ親しんでいる
・ハッピーエンド好き
・もしかしたら、重く、暗い気持ちになってしまうのでは?と、
 観る前から心配しがち。

フランス映画といえば、これまで観た中で記憶にあるのは「アメリ」くらい。。
あれは、かわいかった。

さて、今度は?

「Made in USA」(1966)
Jean-Luc Godard (ジャン・リュック・ゴダール)監督
Anna Karina (アンナ・カリーナ)主演

架空都市で謎の死をとげた恋人の死因を調べる女事件記者が
刑事やギャングにまとわりつかれる。
そして、暴力と殺戮と政治の世界が展開される架空の劇に
彼女は如何にして解決をつけるか!?

Godards Made in USA

・・・という内容の映画だったのですが、
単なるギャング映画ではなく、歴史的、政治思想的背景が
色濃く感じられる内容でした。
(恥ずかしながら、映画に英語も知識も及ばず、今尚解釈中ですが(・・?))

でも、そんな重い内容をファッショナブルに、独特の視点から訴えかける辺りは
さすが、偉才と呼ばれるゴダールだなぁ・・と思いました。

帰りの電車内、ちょっと強めのインパクトを受けた私たちは
口数も少なくなりがちでしたが、友人がポツリ、
「先日、祖国の首都で、民主主義を唱える法律家と、
 若いジャーナリストが何者かに殺害されたんだよ。
 あれは、決して過去の映画じゃない気がする。。」と、感慨深げに話していました。

「・・・そっか。」としか、言えないわたし。


予想していた通りの、胸苦しさはありましたが、
時には、こんなことを真剣に考える苦しさも必要だな・・・と痛感した一日でした。

語学学校でも、「嫌いなもの」を聞かれて、
「グリーンピース」と答えたわたしと、
「戦争」と答えたシリアの人、
どちらが良い悪いではないけれど、
きっと刺激を受けたのは、わたしの方でしたkao05

視野の広いオトナにならなくては・・・。


ローズ2淑女志望キラ~ン




スポンサーサイト

Posted at 17:32 | お出かけ | COM(3) | TB(0) |
2009.02.19

ガードナー・アフターアワーズ♪

イザベラ・S・ガードナー美術館へ行ってきました。

個人のコレクションというだけでなく、お屋敷にお邪魔しているかの
ような気分を味わえる美術館キャッスル

残念ながら、今回写真はないので雰囲気を知りたい方は
こちらのHPをご参照ください♪
イザベラ・S・ガードナー美術館

建物に入ると、中央に中庭があって、その横のカウンターには
「庭で見つけたすてきなモノ、きれいな花を、石のベンチに座って
スケッチしてみましょう♪」と、紙とペンが置いてあったりします。

お屋敷の至るところに作品が飾られていて、
途中からガイド冊子片手に、宝探しのような気分にすらなりました。
作品解説が、もう少しついていたらいいのになぁ・・・。

自然光で芸術品の鑑賞を、というイザベラ夫人の思想が活きた構造だそうですが、
正直なところ、名画を前にすると、もう少し、光を・・・!と、思ってしまう瞬間も
何度かありました。
・・・(@-@)目を凝らしてー・・
見えないっ(;д;)

そして、この日は通常の閉館時間が過ぎてから
再び「ガードナー・アフターアワーズ」として開館し、
これまで美術館だった場所が、パーティ会場にだーいへーんしーん!

イザベラ・スチュワート・ガードナー

・・・んまぁ、そんなに見た目は変わりませんが、
雰囲気はガラリと変わります♪
通常の時間には、20人くらいしかいなかったお客さんも、
夜になるに連れ、どんどん増えて、結局帰る頃には満員状態になってました♪
みなさん、パーティ好きですねぇー。
集まる場所を、知ってますねぇー。

この日、通常の開館時間にもやっていた、作品に関するクイズ
(当たったら、キラキラのネックレスがもらえるみたいでした)に加え、
クラブにいるかのようなノリのいい音楽に、ワインやおつまみで
いつもとは全く違う、美術館の楽しみ方ができました♪
(別室で、料金は別途必要ですが、ジャズのコンサートもありました
(その間クラブのような音楽は止んでました^^))

1階の中庭だけでなく、アフターアワーズでも通常の展示室に入室可能なので、
芸術的価値の高い作品を前に、とても贅沢な、はたまた罪深いような気持ちにも
なりつつ、おしゃべりの弾む楽しい夜でした♪





Posted at 15:45 | お出かけ | COM(0) | TB(0) |
2009.02.15

バレンタインデー


・・・ということで、彼が学校の帰りにお花を買ってきてくれました♪
車でお花を運んでる最中、花瓶の水が3分の1に減っていたそうで
運転に支障がなかったか心配ですが、無事に届けてもらえて幸せでした。

わたしは、ガトーショコラを作りました。
料理の最中、砂糖が3分の1こぼれていたことに、焼きの段階で気づき
味に支障がなかったか心配でしたが、奇跡的に美味しくできました。ほんとです。

3分の1・・・他に何かなかったかなー(笑)

バレンタイン バレンタイン2


そして、今日はNBAのオールスターゲームがありました。
中継の人も、バレンタインを意識したみたいです。。それにしても派手ですね☆
ちなみに靴は赤でした。
右側の写真は、ボストン セルティックスのスーパースター3人と、
セルティックスを11回優勝に導いた英雄、ビル・ラッセルとの歴史的共演です。
2月12日に72歳の誕生日を迎えたそうで、お祝いのケーキを囲んでいます。
ケビン・ガーネット(写真右の一番左)という選手は、この人と話をする時、
心なしか目を潤ませて話します。それほど、今も尚チームに影響力をもたらすおじいちゃん。
笑顔のさわやかさが、かえってビル・ラッセルの偉大さを物語っているようでした。

観れば観るほど、セルティックスが好きになります。

NBA ALL STARS NBA ALL STARS2

ボストンでの生活は、元々限られた期間と分かっていながら
すんなり帰るにはちょっと、大切な思い出を作りすぎてしまったかも知れません。
友人や住居、近所の公園や好きな風景など、数え切れないものがここにあります。
日本でも、転校生にちょっと憧れてたくらい、地元に根付いた子だったからなぁ。。。
日本を出る時なんて、この世の終わりかっていうくらい、不思議と悲しい気持ちになったし。
転居に不慣れです。
・・・フクザツ。




Posted at 22:40 | 徒然 | COM(4) | TB(0) |
2009.02.09

ノーマン・ロックウェル美術館へ

先々週末、いってきましたー。

同じマサチューセッツ州と言えども、
ボストンから車で約2時間半のストックブリッジにあります。
ここは、ノーマン・ロックウェルが晩年を過ごした場所です。

ノーマン・ロックウェル美術館 ノーマン・ロックウェル美術館2


人間味溢れる画風は、見ているとつい笑みがこぼれます^^
ノーマン・ロックウェル美術館3


海外の美術館を訪れる度、いつも素晴らしい(うらやましい・・)と思うのは、
美術に対して、より積極的な教育の機会があることです。
単に作品が置かれているのではなく、より多くの人に、そして
次の世代の人にも、作品が生かされ続けるように、
作品への理解を深める解説がボランティアで行われていたり
絵画教室が併設されている美術館も少なくありません。

ノーマン・ロックウェル美術館5 ノーマン・ロックウェル美術館4


日本にも、こんな絵画教室があったらなぁ・・・なんて。
ほんとは、もうあったりして。





Posted at 23:31 | お出かけ | COM(2) | TB(0) |
2009.02.09

住人の足

うちのマンションのエレベーターが、この度改築されました!
・・・あら?どうでもいい??

↓<<ビフォアー>>
エレベーター

↓<<アフターキラキラ>>
エレベーター3

改築前は、エレベーター到着に平均5分程の時間を要し、
やっと到着したかと思ったら、極めてソフトに
「ウ・・・ウイィーーーーーーーーン」と扉が開き、
乗り込んで行き先の階数ボタンをダブルプッシュすると、
「ウイッ・・・・、ウイィーーーーーーーーン」と扉が8割方閉じ、
一呼吸置いてから
「シュルゥー・・・」っと、閉まり、運転が始まるという流れでした。

エレベーターが発明された当初の型なの?と、思うほど
非常にありがたーい乗り物であることを、全身で主張しているエレベーター様でした。

それが、いまや、どうでしょう。
新型エレベーター君ときたら、扉の開閉がスムーズなのは勿論、
利用が無い時は、扉を開いて1階で待っててくれるというスキルの持ち主。

驚きの遅さは、お年寄りが多く住む我がマンションならではの
保安システムかと思っておりましたが、
案外サラリと改築されて、正直驚きを隠せません。

かつてのリズムに慣れ親しんでいたお年寄りの皆さんは
こんなにスムーズなエレベーターにリズムを狂わされやしないかと
逆に心配すらしてしまうこの頃です。


・・・平和過ぎるネタですみません。
一度どこかで力説したかった。

ご静聴ありがとうございましたm(_ _ )m




Posted at 00:21 | 徒然 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。