--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.03.24

彼の居ぬ間に・・2

魔女の街として知られる、港町セーラムへ行ってきました。

家から40分程電車に乗って、ノースステーションへ。
ここから更に、30分コミューターレイルという列車↓に乗ります。
salem.jpg

無事セーラムへ到着♪
さっそく友人に案内してもらった「魔女の家」とあるこの建物、
実は魔女の家ではなくて魔女裁判の裁判官のひとり、
ジョナサン・コーウィンの住んでいた大邸宅だそうです。
1642年建造の後、修復されて魔女裁判当時の家屋として公開されています。
・・・この日はCLOSEでしたけど(^^:
salem2.jpg 

魔女の街らしく(?)不思議なモニュメント。
友人いわく、よく自転車のカゴ部分にお花flowerが飾られているそうです。
salem3.jpg 

「奥様は魔女魔女Brilliant」の奥様と♪


港に停泊中の船舵
salem6.jpg

そして、ピーボディ・エセックス博物館。
ここは海に関する美術品と歴史に加えて、日本に関するコレクションも
充実していました。
大森貝塚の発見とボストン美術館東洋美術部門の基礎を築いたことで有名な
エドワード・モースという人が、動物学者として訪日の際、
日本美術にとりつかれ精力的に多岐にわたる日本美術を収集。
帰国後1880~1916年にわたり、ピーボディ博物館の理事を務め、
日本部門を設立したそうです。
エキシビジョンでは、中国のお屋敷が現地から木の板一枚一枚正確に運び込まれ、
再現されていて、とても興味深かったです。
お茶の休憩も挿みながら鑑賞に浸っていたら、あっという間に夕方になっていました。
セーラム観光は駆け足で、フィアンセの待つ友人宅へashiato
salem5.jpg

夕食にシャンパンワインと共に、チーズやおつまみ、
メインはサーモンのホイル焼きを用意してくれましたキラキラ
フィアンセでありながら、彼女のシェフでもある彼料理
すてきですね~スライム
salem7.jpg


ウチの彼のカレーもおいしいですコック帽赤
帰ってきたら作ってもらおー。




スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://tomocomoko.blog59.fc2.com/tb.php/41-59d6ba8d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。